これからの未来に必要不可欠な大事な保険の貯蓄

昨今では、生命保険というものについて社会人であればある程度目を向けておかなくてはいけないものとなっています。

利用したことがない、あるいは触れる機会がなかったなど、生命保険というものに対して漠然としかイメージを持っていない人にとっての認識は、自分が死んだ時に遺族にお金が払われる物というような物ではないでしょうか。

実際、生命保険というのは一番の大本を見ればそれで間違ってはいないのですが、だから例えば自分は独り暮らしで結婚もしてないから生命保険なんか入らなくていいや、と思っている人もいるかもしれませんがそれだけではないのです。

生命保険、というのは死亡保障だけではなく医療保障など自分が病気をしたり、怪我をしたりした場合にも適用される物なのですね。

特に、昨今では生命保険に関しても結構いろんな要素と抱き合わせになっている事が多く、生命保険に加入するとガン保険に加入したこともあったりして、自分がガンになってしまった時の入院費や治療費などが生命保険から降りるというようなものもあるんですね。

また、こう言った生命保険などは老後の資金としての貯蓄になることもあるのです。

というのも、期間や保険にも満期というものがあったりして支払いを続けて契約期間を過ぎると支払っていたローンの返還があったりしますので、貯金としても使う事が出来る物となっているのです。

そして、生命保険と一口にいっても定期保険や終身保険、養老保険や収入保障保険など沢山の種類があって、年齢や性別、目的や雇用形態、家族構成や扶養家族の有無、配偶者の有無など生活スタイルにおいてお得な生命保険の種類が全然違うものなのです。

だから、生命保険は自分には関係ないやなんて思わずにとりあえず若いうちからどんなものがあるのかということくらいは調べておくといいでしょう。

自分の生活スタイルや、生活事情を考えたらこの生命保険には入っていたほうがいいかもしれない、というようなものがある場合もありますからね。

死亡保障、というのはあくまでも生命保険の一部の要素に過ぎず保険会社や保険の種類、プランの内容によって生命保険が保証してくれる物というのはかなり沢山の種類があるのです。

それこそ、自分の十年後、二十年後を考えるのであれば入っておいたほうがいいとういう場合もありますからまずはどんなものがあるのか、生命保険はそもそも何なのかという事に興味を持つことが大切なのです。

生命保険を正しく認識する

生命保険..と聞くとそもそもどんなものか知らず漠然としたイメージしか持っていない人にとってはお金を定期的に払っておいて自分が死んだ時に家族に払われる物というようなイメージがあるかもしれませんね。

それこそ、保険金殺人なんて言うようなもの題材があったりして生命保険の事をよく知らない人にとっては寧ろ生命保険に入ったら保険金欲しさに自分が殺されるかもしれないから怖い、なんていう風に考えている人もいるくらいなんですね。

そういうものが実際には全く無いとまでは言いませんが、そもそも生命保険の本質、という物を根本的に勘違いしているとそういう誤認識が起こったりする物なのです。

そもそも、生命保険というのは多数の種類の保険の総称で死亡保障というのはその一部でしかないのです。

例えば、就業不能保険というものがあるのですがこれは病気や事故による怪我などによって仕事ができなくなってしまった場合に、お金が降りるという保険になっています。

他にも、学資保険と言って学費や貯蓄に対して支払われるような保険がある通り、生命保険というのは生命が失われたことに対する保険、というわけではなく生命保持のためのあらゆる保険というようなものなのです。

賢い子どもの教育資金の備え方

子どもが産まれると気になるのが、教育資金です。子どもの希望を叶えるために、目標額や期限はしっかりと夫婦で確認し合いましょう。貯め方はいくつかありますが、保険を活用するとより確実に目標達成できます。

学費の準備はコツコツと計画的に行う

現在は奨学金システムが充実しており、中には無利子のものもあります。しかし、条件や金額には多くの規定があり、希望通りの融資を受けられない場合があります。

進学先を考える時期になって条件に合わないとなれば、慌てて進路を変えざるをえません。お子さんの将来を大きく変えてしまう選択は、できるだけ避けたいものです。未就学の子どもがいる家庭であれば、親が長いスパンで計画し準備する方が確実です。

幾らぐらいかかるかシミュレーションしてみましょう

成人するまでの20年間、学業に関してまとまった出費のタイミングが2回あります。高校・大学への入学です。教育資金は、ほとんどがこの時かかる金額を目標に計画を立てます。しかし、進学先によって数百万円変わることもあり、イメージがしにくいという難点があります。

高校進学〜大学卒業までの平均1,000万円を例に計算してみましょう。0歳のお子さんのために貯める場合、15歳までに200万円18歳までにプラス500万円、残り300万円分は順次積み立てとプランします。すると、18歳まで毎月平均で3万円以上貯める必要があると分かります。

この間、住宅ローンやカーローン、兄弟の誕生など、お金のかかる先は減ることがありません。3万円という目標は、しっかりと計画したうえでクリアできる上限額と考えて良いでしょう。

ポイントは、貯められなくなった時の対処です

毎月3万円の貯金はかなり大変ですが、さらに気がかりなのは収入が減った時のことです。ご主人の離職・病気・死亡など、収入額が大きく変わってしまうような事態にも、お子さんにかかる費用は変わりません。希望の学校をあきらめないため、万が一に備えることが学費準備のキーポイントです。

オススメは、生命保険の活用です。

・一定期間貯めていくと、預けた額以上になって戻る
・万一の場合でも、教育資金は確実に貯められる
・途中解約、一部解約がいつでもできる

..という3つのメリットで、しっかりと準備できます。また、戻ったお金はどんな用途で使っても問題ありません。お子さんの志望によって、積み立てたものを使わなければ、自由に使ってOK。今ママさんに人気の貯蓄法です。

子どものための貯蓄は、あればあるほど良いものです。一方で、第1子誕生は出費元年とも言われます。それだけ子育てにはお金がかかるということでしょう。普段の生活を圧迫しない程度に備えていくため、生命保険の賢い活用を始めてください。